2021年2月21日日曜日

氷濤ナイトカヌーラストDAY


2020年11月16日(月)

今から4か月以上前。

私達は2021年の氷濤の骨組み制作を始めました。

毎年一筋縄ではいかない氷濤。

コロナ対策を夏から練り、会場のデザインも大きく変えた為

例年以上に大変だったこともありましたが、

大寒波のおかげで氷像自体は大変質の高いものが出来上がりました。

製作段階の極寒だったあの日、開催期間中の暖かくて雨の降った日。

様々な思い出と共に2月23日、私達はフィナーレを迎えます。

それに伴いナイトカヌーも最終日。

氷濤の新たな楽しみ方の一つとして思案し

スタートしたこの企画。

私達は確かな手ごたえを感じています。

昼には見ることの少ない野生動物達。

真っ暗な中での研ぎ澄まされる感覚。

はナイトプログラムならではのもの。

この冬最後のナイトカヌーにはまだ空きがございます。

ご参加お待ちしております。




2021年2月18日木曜日

支笏湖フィールドパトロール2021.2.18

支笏湖地域と北海道大学水産化学研究院が力を合わせて行う「チェプラマットプロジェクト」

2021年の1回目のフィールドパトロール&調査はオコタンペ湖。

林野庁の森林生態系保護地域と環境省の特別保護地域に分類される

この大切な自然をしっかりと保全していくためには

しっかりと調査を行うことが大切です。





昨年同プロジェクトにおいて、支笏湖周辺の川から二ホンザリガニが発見され

道内でニュースとなりました。


今回の業務のメインはオコタンペ湖に流れ込む沢等のDOの測定と

それに付随するフィールドパトロール。