2019年4月1日月曜日

平成最後の4月幕開け



かのあスタッフの冬の越し方は様々。
春は再集合の季節。



冬は氷濤マンの「竹」とツアー前のフィールドワーク。



例年以上に水位は低め。


昨年秋、北海道胆振東部地震の前日の台風21号の影響で濁りに濁った湖の水も元通り。


残雪美を味わいながら、ひたすらの透明度の高さを味わえるのが、春。

山ではフキノトウが顔を出し、ギョウジャニンニクはさて、これからか!

(かのあべ)

0 件のコメント:

コメントを投稿