2014年9月12日金曜日

支笏湖警備隊


陸上を歩くときは足元の崩れはないか、穴はないか確かめ、

上を見て、折れて落ちてきそうな木はないか確認する。

水の上では崩れた斜面や変わってしまった風景を注意深く観察し

何かしらの異常や報告すべき変化があれば

環境省や林野庁、消防への連絡。

そんな日々が続いています。


水上にはどこからか流れてきた倒木群やコッパ群。


とりあえず今日のところは大きな異常は見られなかったため

天候と相談し午後のツアーは行うことにしました。


写真で見ると何も変わらない風景。


濁りを魅せる源流部と流れた崖。

この崖が流れたから半日停電したらしい。

工事中の現場を横目に「今の支笏湖の現状を見るカヌーツアー」は無事終了。


しばらく警備隊は続きます。


0 件のコメント:

コメントを投稿