2014年2月25日火曜日

野生の楽園~冬~


夏に比べ冬は野生動物を見かける機会が格段に増える。
 
夏は笹の中に隠れてみることのできない動物たちも

冬は見通しのよい景色の中で筒抜けになったりしている。


冬の千歳・長沼周辺は札幌近郊ながら「オジロワシ」や「オオワシ」といった

大迫力の猛禽類を見ることのできる場所。


オジロワシ。(デジカメでは中々良い写真がとれない。)


昨年秋に訴状した「サケ」

ホッチャレとなり川の養分へと変化していく。

その数が今年は異様に多い気がする。


 川原から急いで逃げ出すエゾシカたち。




飛び跳ねながら逃げていく雌鹿3頭。

結構深いはずなんですがすごい脚力です。


いつの間にか斜面の中腹まで走っていっていた。

 



木に止まるオジロワシ。

堂々とカヌーを見下ろす。


ちょっとした早瀬では散歩のおじさんに「こんな寒いのに・・・」

という目で見られながらも気にせずパドリング。


0 件のコメント:

コメントを投稿