2014年2月22日土曜日

ユウフのソウ


「ユウフのソウ」

現在は「七条大滝」と呼ばれていますがもともとは

松浦武四郎の「夕張日誌」でそう記載されていた場所。

ソウとはアイヌ語で滝の意味です。

今日はそこを目指してスキーシューで歩いてきた。

天気は快晴。

風も穏やかで気温は0度。

氷濤期間中は0℃になると氷像が溶ける・・・

と心配して、早く気温下がれと願ったが、

終わった途端暖かい日を待ち望んでいたりする。


今月号の「じゃらん」やTVでも紹介された今年の七条大滝。

なんと30人ほどが滝下にいました。

今や支笏の観光名所?でしょうか。





確かにユウフのソウは素晴らしい景色です。

たくさんの人に見ていただきたいという思いもありますが、

逆に昔から足を運んでいた支笏湖地域の人が

「七条大滝はあの静けさが良かったのにね・・・」

と悲しんでいる声も聞いています。

そのあたりのバランスはガイド業を行っている身として

しっかり考えていかなければいけませんね。

「秘境」が「ゴミの山」になる景色は私も見たくはありませんから。

0 件のコメント:

コメントを投稿