2013年12月15日日曜日

果てのはて


「原野」「湿地」などという人のあまり近づかない雰囲気を持つ場所は

なぜか魅力的に感じる場所。

今年の個人的な流行り勇払原野にカヌーを持っていく。


季節は冬。

防寒着に冬用手袋を装着。




見渡す限り人はいなく、車の音もしない。

聞こえるのは音は時折通り過ぎる飛行機の音。

なんだか世界の果てに来た感じ。


陸際、たまりは結構分厚い氷となり

割りながら進むのが中々楽しい。



頭上には渡り鳥。

実に勇払らしい。











厳冬期の真冬にまた来たいと思ったコースでした。



0 件のコメント:

コメントを投稿