2012年12月10日月曜日

陰の立役者


今日は氷濤まつりの陰の立役者を紹介。


 橋から吊り降ろされる重機。



こいつが氷像をすべて作っているといっても過言ではない水を吸い上げるポンプ

 よく「氷の像を作るのに手で持ちながらかけ続けるの大変だね~」

と言われますが、氷濤はこのポンプで引いた水を無数のノズルで噴射。

定期的にそのノズルを動かし凍らせていく

というやりかたで制作しているため

ずっとノズルを持ってかけ続けているわけではありません。

(それでは時間的に追いつかない・・・)




 大荒れで少し濁りの残る支笏湖。

散水まではまだ時間がありますが

どのくらい透明度が戻ってくれるか心配です。

0 件のコメント:

コメントを投稿