2012年2月2日木曜日

氷濤会場最後の明かり


氷濤まつり会場は日が暮れ始めると込み始め


最終的には10時頃にお客様の入りを見て消灯します。

会場内のライトを消し

見回りをする。

真っ暗になった氷濤会場。

しかし一部とても明るくなる場所が。

それが入口部分においてある「ただひとつのアイスキャンドル」です。


 

周囲がライトアップしているときには明るさが負けてしまうのですが

周囲が消えるととても綺麗。

氷濤スタッフの仕事は、この光と共に1日を終えていきます。



0 件のコメント:

コメントを投稿