2010年4月10日土曜日

新潟の旅4〜たらい舟〜

佐渡島小木地区。ようやく出会えた「たらい舟」

この日は台風並みの強風が吹き、
体験できないんじゃないかと思っていたが、
体験場所の入江は割と穏やかで乗る事が出来た。


たらいは縦180cm横140cm深さ55cmという随円形。

は正確にはわからないが180cmくらい。立ち漕ぎが基本の為この長さ。

まずは見本から・・・

なれた感じの漕ぎ方で、ゆっくり着実に進む。

体によけいな力がかかってないように見える。

そして私も体験。


甘く見ていた・・・できると思っていた・・・

最初全然出来なかった・・

担当してくれた方にアドバイスをもらいながら続けること30分。

担当してくれた方は「あとは自由にどうぞ」

といった感じで私達の元を去っていった。

ココから本気の練習開始!!

まずは頭で考える。

どこにどう力を入れ、水をどう動かせばたらいがどう動くのか。

練習する事1時間くらいでしょうか。

ある程度漕げるようになり、私達は30分500円の体験で

前代未聞であろう約2時間半乗り続けました・・・


終了後には「たらい舟操縦士」の免許もいただき、
新しい漕ぎ方も覚え、大満足の体験となりました。


2 件のコメント:

  1. 洞爺の鈴木です2010年4月11日 10:02

    お!、おもしろそうですね。
    以外に安定感もありそうで、想像していたものとは(良い意味で)ちょっと違いました。
    スカリングとは別のこぎ方なのかな?

    今度はたらい舟の先生にカヌーをこいでもらいたいですね。

    返信削除
  2. 洞爺の鈴木さんコメントありがとうございます。

    私も想像以上によかったです。
    ただ用途は限られますね。

    一点集中で力を発揮するタイプの乗り物に感じました。

    漕ぎ方についてですが、スカリングで使う下手を手から離し、
    グリップを両手で操作する感じですかね。

    水の捉え方はほぼ同じですんで応用はききますが、すぐにできる人はなかなかいないんじゃないでしょうか。

    鈴木さんも機会があれば体験してみると面白いですよ!!

    返信削除