2010年1月21日木曜日

スキーシュー美笛編

支笏湖周辺の滝は冬季間凍るものが多い。

その一つが国道沿いに看板のある「美笛の滝」

そこまで疲れず見ることができ、個人的にはとても面白い場所に感じます。

そしてこの滝の周辺が面白いのは「雪が降ってから」だと個人的には思っています。



車を止め、夏に道のあるところを進んでいくと

一本の小さな橋が出てきます。



といってもただの雪の塊ですが・・・

恐る恐る進む。

「この下は石か?空洞か?」

なんて探り探りの約20歩。

それをクリアできればあとは10分ほど沢沿いを進めば見えてくる。



凍った美笛の滝。

近くまで行ってみよう。




近づくと迫力あるな~

少し登ってみよう。

滝の切れ目から下を覗く・・・








綺麗だな~。

・・・この下空洞だ・・・

もし今崩れたら・・・

降りよう。

帰りは下り道。
沢沿いで斜面を横切るので、お得意のスキーシューで
沢に落ちないよう気をつけながら滑ってきました。

今日は最高-2℃ 最低-12℃です。

0 件のコメント:

コメントを投稿