2010年1月17日日曜日

千歳市立図書館

今日は千歳に買出しを頼まれ、そのついでに図書館に行くことを許された。

さすが地元の図書館と言うだけのことはあって、「支笏・千歳」の本は山ほどあり中々楽しかった。

今日見たかったもののメインは「松浦武四郎 夕張日誌」

三重県松坂市生まれの幕末から明治(1818~1888)にかけて活躍した探検家である。

今年の大河ドラマは私の大好きな坂本龍馬ですが、彼が生きた年代が1936~1867までと言うことで、

ちょうど同じ時代を生きていたことになる。

28歳から度々北海道(蝦夷地)を訪れ、数々の書籍を出版した。その一つが45歳のときに出版した「夕張日誌」。

この中に支笏湖周辺のことが記載されている。

分かりにくいところには、現代語訳が書かれている本だったが、所々で「うす」などの別の意味を連想させる言葉が出てくるので、混乱しながら読み終えた。

武四郎が見た蝦夷地はどんなものだったのだろうか。

未開の地「シコットー(支笏湖)」をはじめて見た時、どんな気持ちだったのだろうか。


ちなみに2年前ハイエースで三重、和歌山に1ヶ月滞在した時に、「松浦武四郎記念館」を見つけたが

入らなかった、次は是非行ってみたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿