2010年1月3日日曜日

スキーシュー2

適度に木があり、ちょうど良い斜度。そして支笏湖を一望できる景観。

支笏湖に来てすぐに見た紋別岳の写真は、

「スキーシューで遊ぶのに良さそうだな」と思わせる写真でした。

予想通りかどうか確かめに紋別岳へ。

道は誰かがラッセル(道作り)してくれていて、快調なスタート!

雪の量は十分!!

途中、ラッセルしてくれた人とすれ違う。
私が1時間前にスタートしていたら
私がラッセル部隊になっていたらしい。
何人かすれ違い、立ち止まって話をしたり、
野鳥の写真を撮ったりしながら、山頂を目指す。

山頂周辺、道なき道に変わった。
時間は夕方3:40分。
あと一時間で日が暮れる・・・
早く滑らなければ。


写真通りの最適な斜面発見。

いざ出発!!
始めのうちは斜度のおかげで滑っていたが、
ある程度下ると、斜度より雪の重さが勝り、
うまく滑れない。
重心を下げ滑って転んでの繰り返し。
沢沿いを歩いていると、登る途中にすれ違った
スノーボードのお兄さんとバッタリ!!
「いや~重いっすね~」
なんて愚痴りながら、二人スタスタと歩いてゴール。
苫小牧に住んでいて、冬はバックカントリー。
夏は支笏でカヌーなどもするらしい。
お互い名前を名乗り。いつかの再開を願ってお別れしてきました。
また会えるといいな~大都会じゃないんだし、
支笏にいればきっとまた会えるはず!!
明日は多分筋肉痛・・・
今日は最高0℃ 最低-6℃


0 件のコメント:

コメントを投稿