2009年12月23日水曜日

透明


クリスマスを前に寒い日が続いています。


日本でもトップクラスの透明度を誇る支笏湖。透明度?という方に少し説明しますと

直径30cmの白色円板を水に沈め、肉眼で見ることの出来る水面からの深さ。を透明度と言います。
あくまでも見た目の話なのでこの数値が高いから飲める。低いから飲めないという事とは少し違う。


そんな透明度の高い支笏湖ですが、季節によってもその透明度が変わる。
そして春夏秋冬の中で最も高い数値になるのが、この「冬」という季節。
今日載せている写真は秋のものなので、もっと透明な水がこの時期の湖には広がります。

本日の気温は最低-11℃、最高+1℃

0 件のコメント:

コメントを投稿