2019年7月29日月曜日

それぞれの家族の時間


夏になると色々なゲストと共に水の上に出る。

先日の事、父親と小学生のちょっとしたトラブルがあった。

その場の状況だけを見ると一件子どもがわがままで自分勝手な

行動をとったように見えるが、きっとその行動をとる前段階で

父親とのプチトラブルがたくさんあったと推測される。

きっとそんな小さなリスクをしっかり処理できなかったり

子どもたちと共感できなかったりした

親側に根本の原因があるのであろうと私は推測をしている。


話は変わり昨日のゲスト。

もう何年も足を運んで頂き、講習やイベントにも参加頂いているご家族。




自然に会話し、

自然に笑い、

自然に共感し、

今日は楽しかったと言って帰って行った。




私は砂地の湖畔におしりまで水に浸かり夕日を眺め

素敵な家族を眺めていた。

必要なときに必要な手を差し伸べるのがガイド。

押しつけ支援は行わない。

このファミリーにはこのファミリーの時間の流れと

空気感があり、ツアーに参加頂いているという前提はあるものの

過度なアプローチは不必要。

ただ私も自然にこの時間を共有していた。

2019年7月5日金曜日

8月10日夏漕祭


--イベント案内--

8月10日鵡川にて夏漕祭を開催いたします。

夏の気温が高い時期に思いっきり水遊びを楽しみませんか?

フィールドは我々の大好きな鵡川。

リバーサーフィン自慢・講習・体験会をした後

ショートダウンリバーを行う1日となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催日
2019年8月10日(土)

時間
9:00 穂別橋左岸集合/16時解散予定

料金 
一般 ソロ 15,000円 タンデム 20,000円
ひとこぎフィールド会員:ソロ 7000円 タンデム 10,000円
(ひとこぎフィールド会員登録にはカヌー塾の受講と年会費が必要となります。)

昼食
こちらで準備します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予約は問い合わせフォームよりご連絡ください。



2019年7月1日月曜日

複雑な冊子




札幌の実家へ帰り、昔の資料を見ているとたとき

ふと目に入ったこの冊子。

「懐かしい!」みたいな単純な感覚だけではない

なんとも言えない複雑な思いが心の奥から

湧き出る感じだった。

そう。

わたしが高校生の時に進路に迷い見つけた冊子。


どんな学校なのか穴が空くほど読んだし、

どんな業界なのかわからないなりに考えたし、

この道を選べば将来どうなるかも考えた。

楽しそうという期待と、

これから盛り上がる業界というなんとも

未知数なキーワードにとても不安に感じたことも覚えている。

10代の少年がこの入学案内を読み

将来を悩んだ。

だから複雑な感覚が甦るのだろう。



そして、恩師、元ニセコアウトドアセンター代表工藤さん。

わたしをこの業界に引き込んでくれた一人です。

今同じような学校が立ち上がったなら

うたいかたは少し違うかもしれませんね。