2019年5月6日月曜日

美々川・勇払原野2泊3日~自分たちの町の川を源流から海へ~①


苫小牧の団体「家外屋倶楽部」主催わくわく冒険キャンプ2019

自分たちの街を流れる川。源流から海へ。

そんなプログラムを半年前にオーダーいただき

内容を煮詰め行うことができました。



参加者は乗ったことのないカヌー、下ったことのない川の話を聞きながら

目標を掲げます。

そこはもちろん具体的なものではなく、諦めずに・・・や協力して・・・

などといったキーワードが並びます。


今季から加入の金子のレクチャー。


金子君との出会いは実はこの家外倶楽部。

彼は自分の仕事を行いながら、休みを使ってここのスタッフとして

プログラムの運営のサポートをしていました。

この春からはかのあスタッフのガイドという立場で

カヌープログラムの企画運営、水辺でのリスクマネジメント等を

行っています。



陸上レクチャー後カヌーを川へ運搬。


はじめの水上練習は第二美々ポートをチョイス。

ゲートウェイツアーズさん、アミューズスポーツさんのカヌーが

たくさん並ぶポートを少し拝借。

忙しい時期にすみませんでした。

その後スタートまで移動しいざ出発。


川幅の狭い美々川。陸にぶつかりながら進んでいきます。

まだまだ上手には漕げないメンバー。


川を道とし、その道からたまにそれて遊んでみる。

たくさん山菜があったので晩御飯用に調達。

道草&木登り。





まだまだ1日目。

うまく漕げないは最低限しか教えず

漕げないことをじっくり体感(笑)

100教えることはきっとこういうプログラムでは

いいことではないと私は思う。





0 件のコメント:

コメントを投稿