2018年12月1日土曜日

環境省主催「自然環境を活かすエコツーリズム・インタープリテーション人材育成事業研修」


環境省主催の「自然環境を活かすエコツーリズム・インタープリテーション人材育成事業研修」

のため3日間の弾丸ツアーで栃木県那須塩原へ。


季節は一か月前の支笏湖といった感じ。


公益社団法人日本環境教育フィーラム川嶋さんが進行役を務め

様々な講師の方から数多くの学びをいただいた3日間。





どうプログラムを組み立てるか。

インタープリテーションの基礎を復習。

内容はもちろん勉強になりましたが

今回心打たれたホールアース自然学校山崎さんの

話の間と場の雰囲気の作り方。

たくさんの素敵な方に出会えたことに感謝。


細かくは書きませんがこの3日間で少し進化した気がします。



多分今年最後の勇払地区


日中の気温もマイナス。

地中の水分が凍る霜柱。

火山灰を含む土壌であることが前提条件。

踏むたびにシャキシャキといい音。


地面から染み出た水分は凍り、氷柱群へ。

秋には見られないたくさんの光景。

冬の訪れを感じさせてくれるものばかり。

今年もあと一か月。


この時期ならではの氷テーブルでひと休憩。



ダイサギの足跡かな~。







旅の終わりは今日も海。

サケ釣りを横目にゴール。