2018年11月22日木曜日

かわたびほっかいどう-千歳川編-

かわたびほっかいどう

北海道開発局が実施する「水辺の魅力を発信する」というプロジェクト。

支笏湖で行っている環境省の満喫プロジェクトでの「保護と利用」

の話とは少し違った形ではありますが

千歳川のかわたびプロジェクトも守るものは守り、

変えなきゃいけないところは変え、

整理するところは整理し、

発信するところは発信していく。

そんな風にとらえています。

本来北海道の自然において非常に身近な存在であるはずの「川」が

危険であるということを強く提唱し近づくなという

方向性へもっていかれている現代。

きっと「クマ出没注意」と「川に近づくな」の看板が

北海道の自然の中の2大よく見る看板かなと思っています。

今回開発局や環境調査の方と千歳川をカヌーで下りましたが

「なにしてるんですか?」と聞かれました。

「何してるも何もカヌーしてるんですけど(笑)」と思いながら

「今日は河川の調査なんです。」とお答えしました。

少しでも「いいな~カヌー」と思う人が増える世の中を

作っていけたらいいなと思いますし、そうなる環境を整備できればと思っています。


なんだか開発の人や環境調査系の方を乗せて下るというのは

私にとって非常にうれしいことであり、千歳川というフィールドを

前に進めていく第一歩。



みえているもののことはもちろんのこと。

大事なのは、今まで見てきたもの。これからの千歳川。他地域との比較。

といった見えていないもの。






まる一日かけてじっくり川とその周辺をリサーチ。



河川管理事務所の裏を歩く。



夕方の下流域はやっぱり素敵。


過去に取り付けた川から見る案内看板。


石狩川合流まで36km。

ん~。不思議な看板だ。


いろんな動きへ今後繋げる調査ダウンリバーでした。





0 件のコメント:

コメントを投稿