2018年7月15日日曜日

ファミリーの夏始まる


優雅に家族4人で乗ることのできるカナディアンカヌー。

お父さんのいい所を見せるチャンスです(笑)

カヌーは家族で素敵な思い出を作るとてもいいツールですので

お子様のいるファミリーは是非カヌーに乗りに来てください。

支笏湖の青い水が待っています。



SotoCafeカヌーツアー1部終了


7月15日をもちましてSotoCafeカヌーツアーの第一部を終了しました。

かのあ設立以来サマーシーズンのメインプログラムとして続けてきましたが

支笏湖の認知度も少しずつ上がり

7月、8月は様々なウォーターアクティビティの数が増え、

中々「ほっと一息癒しの空間」を作ることが難しくなりました。

そんな中でツアーを行うことに昨年から疑問を持ち

しっかりコンセプトに沿った形でツアーを行うために

夏期間のお休みを決意いたしました。

また静かな秋になったら再開いたします。


そんな1部のラストSotoCafe。




生き物の数も一気に増えています。

ここからは水遊びと生き物さがしで

にぎやかな夏を過ごしたいと思います。

湖メニューは

体験カヌーツーリング

プライベートカヌークルージング

川メニューは

千歳川1DAYダウンリバー

にご参加ください。



2018年7月13日金曜日

千歳川バイカモ咲く


移りゆく千歳川を1日かけて下るプログラム。


千歳川はバイカモ時期到来。




途中陸地はコロコロと


そしてやってくる下流域。

個人的に好きなんです。
 


穏やかな流れはコーヒーでも飲みながら。


朝から入れ続けたクロス。しっかり身につきました。


こうなれるのも下流域ならでは。


ゲストのお二人。

楽しい時間をありがとうございました。

また一緒に下りましょうね。

千歳川に気をつけよ


題名の通り水の透明度が高く、魅力あふれる千歳川ですが

危険度が高く、初心者の方が簡単に下れる川ではありません。

本日事故の多いカーブで張り付いたカナディアンが。


そんな張り付いたカヌーを助けにゲートウェイツアーズの專齊健太ガイド

レスキュー出動をしてくれました。


そのまま放置では2次災害の危険がある為

周囲の木を切る等の作業で無事はがすことができたようです。


カヌーはしっかりと事前計画が必要です。

特に初めての川ではできる限りの情報収集

(アウトドアショップでの聞き込み・知り合いづての情報・インターネット・リバーマップ等)をしてからフィールドに出ましょう。

今回は艇の張り付きですみましたが単に運が良かったというだけで

ヒヤリハットという話ではなくアウトな出来事かと思います。

今年の千歳川は水量も多く、危険度も上がっています。

そういうフィールドだということをしっかり知ること。

そしてこれは千歳川に限ったことではなくどこのフィールドにも

リスクは多量に存在します。

これから夏本番を迎え水辺に集まる人の数も一気に増えてきます。

ご注意を。




2018年7月9日月曜日

前線再び


台風が過ぎ穏やかな夏が来ることを

望んでいたのだが、

ふたを開けるとやってきたのは再びの前線地獄。

しかも前回よりも動かない。


支笏の水位も既にがっつり上がり、

しばらく続いた雨できっと地面に含まれる水分量も既に満水じゃないかと思う。

このまま大きな被害がでなきゃいいのですが。

ちょっと心配。


2018年7月2日月曜日

千歳川流水講習


支笏湖静水講習、鵡川下流域講習を経て最後に決めた千歳川流水講習。

全三部講習の集大成。

大きなカーブの連続の為、初心者には周囲の

景色を見る余裕があまりない忙しい河川(笑)

そんな中でもしっかり漕げるようになればどこよりも水がきれいで

どこよりも素敵な流れの千歳川。


途中たくさんのカヤッカー、カヌーイスト、フィッシャーマンに出会いました。

みんな千歳川にそれぞれの想いを持ってきているんだろうな~。


ゲスト二人も、初千歳川ということで千歳川物語がスタートしたところ。

確か私の初流水も千歳川だったっけ。

カヌーに穴を空けた人もいたし、

張り付いていたカヌーを拾って警察に届けたことも。



まあとにかく誰が見てもきれいな川です。



前回の鵡川を終え、カヌー用品を揃えてくれたので

今回からスローバッグやらライフジャケットやらナイフやらホイッスルは

自分の物を使用。

持っているだけでは意味のないスローバッグ。

投げる練習も行いました。