2018年4月23日月曜日

春の旅2018⑪


夜中の豪雨で水位はあがったが

流されたテントもなく朝方には日差しも差し込み

日の出とともに明るくなるテント。

テントを出るとまだ寝ている人のイビキの音が聞こえ、

かまどには火を起こしている人、

イスに座ってじーっとしている人、

昨日の天気とはうって変わっていい天気だな~と会話をしている人。

色々な朝が見えた。


朝食準備。



あわてずに準備をしたらDAY2のカヌーの始まり。


開始と同時にやってくる穏やかな流れ。

その流れに身を任すカヌー。

時の流れも自然とのんびりに。





淵があれば瀬がくるそれが川。

流れの速いところの前はやはりスカウティングでルートを決める。





支流も合流して水の厚さが増す。

それでも美しい仁淀の水。



漕ぐことに何の違和感もなくなりシンプルな漕ぎを繰り返す。

無になる時間。

自分と向き合う時間。

自然と向き合う時間。




DAY2の夕食。

風が強いのでタープはしまうことに。


屋根なしごはん。


そして星空ナイト。






0 件のコメント:

コメントを投稿