2018年4月23日月曜日

春の旅2018⑩


昼前が集合なので朝からカヌーの準備。


準備万端。


そして河原に人が集まる。

車が見えて、50m、30m、10m、5mと

メインテントに参加者が近づく。

「よろしくお願いしま~す。」と軽めに挨拶。

ここから3日間寝食を共にするメンバーがこれで集まった。


1から10までを最初のミーティングで話しても伝わるわけもなく

必要な時に必要な情報を出すという前提で

今必要な情報だけをまずはお話。


カヌーレクチャー。


前に後ろに右に左にそして真横への移動と・・・

この時点で完璧にはなりませんが

できるだけ質を高めていきます。


いざ出発。予報通りの雨。


肌寒さを感じながら山の合間を縫うように。


皆で川のどの部分を通るかディスカッション。


ゴールまで数名水の中に入り1日目のカヌーは終了。


とにかく野外活動は物が少なく動き方も考え方もシンプル。

街とは違い視界から入ってくる文字的情報はなく、

空気の変化や、雲の動き、陽の動きに合わせて行動をする。

野外での時間が長くなるにつれて情報を「見る」のではなく

「感じて」答えを出すようになる。

暗くなれば作業はしにくいので少し明るいうちに夕食を作り


ちょうど暗くなったときにテーブルを囲みご飯を食べる。


 気温が下がれば火を焚き、

あとは翌朝青空を見られることを願って寝るだけ。










0 件のコメント:

コメントを投稿