2018年3月10日土曜日

バーチバークカヌー


カヌーを辿る。

行きつく先はバーチバークカヌー(白樺樹皮カヌー)。

カバの樹皮が船底となり、それにリブ材(あばら骨)と

プランク材(生き物でいうなら肉の部分でしょうか)

で作られる自然界の舟。


昨年このバーチバークカヌーをヨーロッパで作った人がいる。

白樺樹皮細工のユーリさん。

シンプルでまっすぐな生き方のこの人はカヌーという入口ではなく

樹皮細工の世界からカヌーに巡り合った。


今まで見たバークカヌーはカナディアンカヌーミュージアムや

カナダのビルダーさんがつくったものでインディアンのカヌーでした。

今回のカヌーはヨーロッパで教えてもらった形状で

見慣れたカヌーの形状とは少し違う形ですが

使うフィールドや作り手の考え方でも形状は変わるので

これも一例という感じでしょうか。



博物館の飾り物ではなく、使える道具としてのバーチバークカヌープロジェクトが

今北海道で動き始めました。

0 件のコメント:

コメントを投稿