2016年5月7日土曜日

エメラルドとエメラルド

 
 
どうも、だいごろうです。
今日は、お勉強会と称して「支笏湖観光船」にお邪魔させて頂きました。
僕は初めての乗船。今日もワクワク。
 
 
 
 
 
 
湖面の色、波様々な状態を観察して、何分後には風がこう吹いてくるだろう。
そんな話をする船上員。
船の上の安全は、頼もしいクルーが守っていました。
 
 
 
 
 
 
乗り込んでみると、曇りの天候にも関わらず
エメラルド色の世界。
曇っていてもこれだけ透き通って見えるんです。
 
見えている魚はエゾウグイ。
千歳川上流では、まだ見つけられなかったので魚の多さにびっくりしました。
 
 
 
 
 
 
写っている岩の形状は柱状節理と呼ばれるもの。
溶岩が冷え固まってできた規則的な割れ目。
ガラス越しなので、僕の興奮で結露が・・・
まるで水中遺跡のよう。ぜひ自分の目で見て、感じて頂きたい。
 
 
 

 
 
今回乗船したのは“エメラルド”
他にもサファイアなんて船も。
何が違うかって?
添乗員さんのキャラクターかな?笑
 
そんなところにも注目して、是非搭乗してみて下さい。笑笑

0 件のコメント:

コメントを投稿