2014年5月29日木曜日

学生授業日

母校「北海道エコ・動物自然専門学校野生動物・ガイド調査コース」の

野外授業日。

私の在籍していた時から学校名も学科名も

変わりましたが昨年からこの授業を行っています。

ちょうど10年前。

私も今回の学生と同じように、この時期に

色々なアウトドアカンパニーで授業を行い

その中でカヌーガイドを目指そうと思ったわけです。


そう考えるとこの1日のカヌーの授業がどれだけ重要なものかが

私にはわかります。

私の人生を左右したと言っても過言ではないカヌーの授業。


未来のカヌーガイド・アウトドアガイド、もう少し広いところで言うと

野外活動を仕事とする人材を育てる環境を

今後も残していくために10年間の集大成をぶつけた6時間。





今回は操船がメイン。

与えられた時間の中でわかりやすく、楽しみながら、かつしっかりと。

ひとつひとつ技術マスターしてもらう。




いつものガイドスタイルとは少し違う

授業&講師モードにスイッチし

時間は進む。




午後は実践編。

4km先のモラップキャンプ場へ自分たちのキャンプセットをカヌーで運ぶ。


濡れて困るものは防水バッグへ。

カヌーの重心が片側へ偏り過ぎないように。

ひっくり返ってもボロボロと荷物が散乱しないように。

等々色々なアドバイスにそれぞれで考え試行錯誤していた学生たち。



途中向かい風に苦労しながら3km。

地点炎天下の元さすがに疲れてきた学生たち。


 とは言え無事に全員ゴール。

コンディションにも恵まれ大変良い授業ができたと思います。


どこの学校を出てこの業界にいるのか。

というのは就職の時等で意外と意識されます。

彼らが今後行きたい道に行けるよう。

「北海道エコの子なら!!」と言ってもらえるようにするには

私たち卒業生が頑張らなければいけないわけで。

そんな責任感を改めて感じた1日でした。

保護者の皆様是非学校へお子様を(笑)

北海道エコ・動物自然専門学校WEB 


0 件のコメント:

コメントを投稿