2014年2月28日金曜日

歩き1時間のパノラマゲレンデ



また来てしまいました。

登り1時間のパノラマゲレンデ「幌平山」

後ろを振り返るたびに息を飲んでしまう美しさ。




連日の日差しと暖かさで雪質はガリガリ。

ターンが苦手なスキーシュー。

こういう時はしゃがみ滑りに限る!!



ガリガリ斜面はスピード地獄。

初心者安倍にはちょっと大変な条件。

「あ・・・」



「まあそうなりますわな(笑)」

楽しむことが大事なウィンタースポーツです!!




秘境の渓谷&滝

 地形図を見て、現地をイメージして

「ここはおもしろそうだ!」と思うことから

遊びの計画は始まる。

国土地理院の「ウォッちず」がお友達。

いざ行ってみると「そうきたか!!」というくらい

全く予想外の雰囲気の時もあれば

「予想どおり!!」の時もある。

そんな「ウォッちず」で気になっていた渓谷を今日は探検に。


今日のお供は初スキーシューの安部くん。


苦戦しながらも頑張っていました。 


今日は予想以上の規模の渓谷にビックリ!!

地図によると滝があるはずでしたが

この時期なのであまり見ることができず。(想定内)




流れ斜面に十分に注意をした探検となりました。



2014年2月26日水曜日

四万十塾×コールマン2014


春一番の四万十塾×コールマンのカヌートレックの募集が始まりました。

日程は4月26日~28日の2泊3日。

場所は本拠地四万十川です。

四万十塾の世界観を感じたいならまずは四万十川でしょ!!

四万十塾のいろんなイベントにも参加したいな~

なんて思っている人ならなおさらまずは四万十川でしょ!!

是非ご参加ください(笑)

By 北海道四万十塾広告隊長(自称)


糸まきまき

昨年の長瀞でほどけてしまったパドルの糸を

シーズン前に巻き直す 。



今年はカラフルビューティーでいきます。

シカ猟



今日も良い天気の支笏湖でした。

雪はみるみる溶けていますが

きっとこのあともどこかでドカッと降ることでしょう。



冬ならではの景色を横目に

今日もたくさんのエゾシカさんたちが散歩中。


そんなエゾシカの猟が昨日から支笏湖で行われています。

国道を一時通行止めにしての作業は全国初らしい。

全3日行うらしく報告が楽しみです。


今回の猟区間は支笏の北側で

一昨年ものすごい数のシカを目撃していたところ。

その大発生+一点集中樹皮剥ぎ被害で

北側の森は一部的に死に、

食べ尽くしたせいで昨年は同じ場所でシカを見ることが減った。

北側をある程度食べたエゾシカ個体群は

私が見ている限りでは昨年から行動範囲を東側へも伸ばしている。


今回の試みがどうでるのか成果に期待したいところです。





2014年2月25日火曜日

野生の楽園~冬~


夏に比べ冬は野生動物を見かける機会が格段に増える。
 
夏は笹の中に隠れてみることのできない動物たちも

冬は見通しのよい景色の中で筒抜けになったりしている。


冬の千歳・長沼周辺は札幌近郊ながら「オジロワシ」や「オオワシ」といった

大迫力の猛禽類を見ることのできる場所。


オジロワシ。(デジカメでは中々良い写真がとれない。)


昨年秋に訴状した「サケ」

ホッチャレとなり川の養分へと変化していく。

その数が今年は異様に多い気がする。


 川原から急いで逃げ出すエゾシカたち。




飛び跳ねながら逃げていく雌鹿3頭。

結構深いはずなんですがすごい脚力です。


いつの間にか斜面の中腹まで走っていっていた。

 



木に止まるオジロワシ。

堂々とカヌーを見下ろす。


ちょっとした早瀬では散歩のおじさんに「こんな寒いのに・・・」

という目で見られながらも気にせずパドリング。


2014年2月23日日曜日

終わりかけの厳冬期~穏やかな原野風景~

2月も終わりに近づき、今日の昼間はプラス2度と暖かい。

風もなく、日差しが入ると、手袋いらず。


広い空と広い大地が勇払原野らしい風景。

昔、石狩平野から勇払原野にかけては陸地ではなく

海峡だったらしい。

ここももともと海か~。






美しい空が写る原野ですが、水は汚れて見える。


これが排水の影響で汚れているのか、

自然要因で汚れているのか、

湿原特有の泥炭物質のせいなのか。

今のレベルの私にはわからない。


いつも綺麗な写真を撮ろうとカメラを向けていることに気づき

今日はそんな行動に疑問を持ってしまった。

むしろ発信しなければいけないのは現状なのではないか。

現状を発信したところで何かが変わるわけではない。

のかもしれないがその先に新たな世界がある気がした。

色々勉強しよっと・・・。





2014年2月22日土曜日

2月のサンセットカヌー



日の入りがだんだん遅くなってきた。

この写真で17:00。

遊覧船も、カヌーも、もちろん人も。

誰もいない冬の支笏の湖畔。



岸際は氷の塊となり、


無数のつららがぶら下がっていた。