2013年7月31日水曜日

再告知


さていよいよレスキュー講習会近づいてきました。

まだ空きがありますのでご連絡お待ちしております。

準備の関係で締切は明後日2日となります。

よろしくお願いいたします。

http://ghcanoa.blogspot.jp/2013/07/2013_9.html

雨具のレンタル品

7月後半は雨が多い月となりました。

雨具が無い方は雨具をお貸ししてツアーを行います。

いい雨具がある方はご自分のを使ってくださいね(笑)


ちょっと数も足りなくなってきたので

新規で購入しました。



激波越えて


湖大荒れユラユラツアー。

ゲストの皆様ちょっと無理をさせてスミマセンでした。

 後半は源流部で無風のんびりモード


 


2013年7月30日火曜日

ようやく晴れました。


待ちに待った青い空。

「先日キャンセルしたんですけど今日できますか?」

という問い合わせもあり賑やかな1日となりました。
 





 晴れると写真の撮る枚数が3倍くらいに増える事を今日知りました(笑)




水中を適当にとっても魚の姿がわんさか。

皆様是非防水カメラでお越しください!!

2013年7月29日月曜日



うちらが行きたいですわ(笑)

日にちは2013年9月7日(土)~8日(日)の1泊2日。

お一人様18,000円。

間違いなく行く価値ありますのでオススメです。

遡る事4か月前。2013年3月21日。

「四万十塾×かのあ」の仁淀川1Dayトレックがあった。
 

私は初仁淀に度肝を抜いた。


こんな川。北海道でも滅多にないぞ・・・

恐るべき四国。


ご予約はお早めに~。

2013年7月28日日曜日

かのあ研修生募集


まずは公式HPから上記のPDFを見ていただきたい。

かのあの新たな試み「研修生募集」

「かのあ」は若い組織です。

私、松澤がカヌーガイド業界に入ったのが18歳。

そこからもうすぐ10年。

ここまで組織の枠を越え色々な繋がりを持ってやってきた。

「北海道」で活動する「カヌーガイド」が同士が連携をとらないでどうする。

という所から「カヌーガイドミーティング」を積極的に行ったり
 
同じフィールドのカヌーガイド・ダイバーとリスクマネジメント講習を実施したり。

そこにはいつも「同業の敵」ではなく「仲間」としての考えがありました。

ゲストを取り合うのではなく、連携して大きな力となり

魅力を発信するというプラスの連鎖。

そんな考えの元で一緒に動いてくれているのが

かのあのリンクにある仲間たちや現スタッフたちである。


私たちは儲けたいわけでは無い。

むしろ儲けたいなら他の仕事をするべきだ。

大企業にしたいわけでも、他のアウトドア会社と戦いたいわけでもない。

「かのあ」は「かのあ」のやるべきことをやるだけ。

「カヌー自体の普及」

「カヌーの楽しさの提案」

「カヌー業界の整備」

「カヌーネットワークの形成」

そして

「カヌーガイド業の普及とガイドレベルの底上げ」

そんな事を考え今回の研修生募集へとたどり着きました。

現在カヌーと関わりを持っている方、持っていない方

ガイド経験の有無も問いません。

かのあと一緒に動きましょう!!

 研修生だからといって常勤の仕事のようになるという訳でもありません。

そこから話していきましょう。

100人いれば関わり方は100通り。

「あなた」が望むなら「あなた」と「かのあ」のうまい付き合い方を一緒に考えます。 

研修生募集と書いていますが

「かのあ」と関わりを持って下さる方募集中という感じでもあります。


HPちょっとリニューアル!!


雨の土日が終了しました。

その間にHPも少しリニューアルしました。

まだ公開できていないページもありますがご覧ください。



2013年7月27日土曜日

旅コミ北海道


本日北海道のローカル番組じゃらんプロデュース「旅コミ北海道」が放送された。

土曜の18:30からの30分番組で北海道では絶大な影響力を持つ。

いつかここに!!と思いながら見ていた番組に

「かのあ」が出れるなんて・・・

そんな夢を抱いた旅コミ北海道に映るのは代表松澤ではなく

カヌーガイド安部!!


絶大な影響力があるからこそ出るのは安部がいいだろうと思った。

今やSotoCafeカヌーツアーは松澤より圧倒的に安部の方が

出動率は高く、言ってみれば「Soto Cafe=安部」という

イメージの人が多いということになる。


レクチャー風景でアナウンサーが「オールドタウンパドル」を

持っている所は2度見をしてしまったが、

大役をしっかり果たしてくれました。

最後に文中にあった

「支笏湖はカヌーに乗れるフィールドの中で一番透明度が高いんですよ」

という一文。

透明度の高い場所として知られているのは

摩周湖・然別湖・猪苗代湖・田沢湖あたりが透明度が高いという情報が出てくる。

摩周は基本的にカヌーを浮かべられないから対象外。

猪苗代湖は以前は27.5mあったものの現在は12m。

田沢湖も以前は38mあったものの現在は4m。

wikipediaで調べると然別湖19.5m、支笏湖17.5mとなっていて

wikiを証拠とするなら日本一ではないと言われても反論しようがない。

実際には支笏湖も17m~20m前後の透明度とされており

冬期間にダイバーが測った際結果では25m程まで見えたというデータもあります。

季節・天候等の自然要因で上下するのはどこの湖も同じことで

一概にどちらが透明度が高い!とは言えません。

安部の「日本一の透明度」発言は誤解を生む発言だったことには

違いないのでこの場を借りてお詫びいたします。
 
 

増える

結構な雨が続きます。

天候が悪いと大抵キャンセルが出て

少し寂しいツアーになるのですが

今日はそんなキャンセル数より飛び入り数の方が多く

結果賑やかにツアーが行えました。


10:00スタートファミリ-カヌー


 13:00スタートファミリーカヌー


PMSoto Cafe。


お隣洞爺湖が風が強く、荒れていて昨日からカヌーが出来ず

支笏湖に流れたという方も今日は混じっていました。

千歳川源流部もツアーフィールドの我々にとって

強風での中止はほぼありません。

フィールドに助けられています・・・。

2013年7月25日木曜日

取材の嵐ではなく、嵐の取材


今年は色々なテレビ番組で「支笏湖+カヌー」を

取り上げていただいております。

一昨日と今日の2日間に分けてテレビ取材が来ていました。

今朝はなかなかの嵐・・・。

ギリギリ催行。

過酷ロケで放送が楽しみです(笑)

※近々放映の番組は7月27日18:30~19:00「旅コミ北海道」byテレビ北海道(ローカル)

となっております。是非ご覧ください。

2013年7月23日火曜日

湖と川


湖は湖で
 

川は川で




それぞれいいんだな~。

水の絶景

支笏湖は条件の良い日が続きます。

気温は日中でも快適な24度。





PM18:30夏の夕暮れ。

恵庭だけに沈む太陽。

2013年7月22日月曜日

長袖ツアー


7月も後半。

熱中症にご注意!!と言いたい所ですが

支笏湖の午前中は半袖では寒く感じる時があります。

今日もそんな日。
 

7月でも8月でも念のため長袖をお持ちになり支笏湖へお越しください。



7月の秀岳荘カヌー試乗会

 

7月の 秀岳荘カヌー試乗会。

5月6月7月と、ひと月に一回ずつ行う試乗会、

今回で2013年はラスト試乗会でした。
 

午後から少し波が出てきたものの天気は良く、

開催地「モラップキャンプ場」にも水辺で遊ぶ

たくさんの方々がいらっしゃいました。




試乗会常連さんやかのあ常連さんなど

色々な方と会える試乗会は月一の楽しみ。




事故ではありません、わざとひっくり返った図です。


全3回の試乗会。今年もたくさんの方々に

足を運んでいただき感謝感謝です。