2012年6月12日火曜日

ライバルとの再会


今日は普段ほとんど出てこない道東のガイドさんのお話です。

かのあ松澤の友人であり、北海道の20代カヌーガイドの中で私が知る限り一番技術のある人物。

勝手に最大のライバルと勝手に位置付け、いつか越えてやる!と思っている

「屈斜路ガイドステーションわっか 辻リョータ氏」


そんなリョー君が今日かのあを訪問してくれました。

かれこれ約8か月ぶりの再開。


普段全く別のフィールドを漕いでいる為、使う技術も、

考えていることもバラバラ。

「最近こんな漕ぎ方で遊んでるんだよね~」と辻技術を課題として教えてもらい、

私からも「こんなことやってます~」と課題を出す。


そしてタンデムで色んな技術を試す。

以前も一緒に川に行ったりはしましたがタンデムで乗るのは今日が初。


初めてのタンデムなので「ビシッ」と気持ちよくはいきませんが

確かな手ごたえは感じました。


これから迎える夏の繁忙期を前に「お互い頑張ろう!!」と

気合を入れあった一日でした。

ツアー報告は後程安部ブログで。

0 件のコメント:

コメントを投稿