2012年4月25日水曜日

巨木と樹皮

支笏湖の湖畔には大きな木が倒れていることが多い。

毎年土砂崩れも起き、そのたびに木々が倒れる。





こんな感じの急斜面が多いんです。


そしてその斜面には人間が4人手を繋いで一周できるかどうかの

巨木達がズラリと並んでいます。

これは朽ちてしまった木。



剥がれてきた樹皮を見ると「これくらいあればバークカヌーはできるかな・・・」

と考えてしまうのは私だけでしょうか?(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿