2011年12月31日土曜日

雪が苦手なお祭り



夏にはなにも無いただの駐車場ですが、

この時期になると全く別の場所となっています。





凍り始めた「滝&池」

今年の新たな試みの一つで

後ろのベニヤ板から水を流し滝を作り、水を下に貯める

その溜まった水の中に「ヒメマス」を泳がせる。

そんなものを作っています。



続いて放水がだいぶ進んだ苔の洞門。



入り口部分も今は凍らせています。



放水段階ではこんなツララだらけの場所もちらほら。

お祭り期間中は安全の為ツララはすべて落とすのですが

こういう雰囲気も素敵です。



放水はスプリンクラーで行うものと、



ノズルで行うものの2パターン。

この2つのシステムで四六時中水をかけ続けています。



氷濤まつりは雪が苦手なお祭り。

制作段階で雪が降ると、氷の中に空洞ができてしまったり

綺麗な青さが出なくなったりします。

冬のお祭りなのに雪が苦手って不思議な感じですが

氷のお祭りにはそんな特徴があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿