2011年9月15日木曜日

No canoe No life



今日は常連のお客様が夕方支笏を訪れ、ビルメイソン(カヌー業界の有名人)のDVDを置いて行った。

夕食を安部と一緒にとりながらじっくり鑑賞。

7年前に知り合いに借りてみたっきりだったので、

「この場面記憶にあるな~」という場面はあるにせよ、すごく楽しめた。

以前は何が何だかわからなかったビデオも、なるほどな~と思えるのはきっと自分が成長している証拠。

そんなビルメイソンの映像を見ながら、自分はガイドになっていなかったらここまで漕いでいたのだろうか・・・

と考えていた。

カヌーナビゲーションを始め、かのあの周りにはカヌーが大好きな人間がたくさんいる。

休みになると、時間があくとカヌーに乗るという人も珍しくはない。

ガイドじゃなかったら私はそうなっていたのだろうか。

きっと答えは「No」

多分そこまでのめりこんでいない。

そう思った時、趣味でカヌーをドップリやっている人のすごさを感じた。

よくカヌーに乗っていると「好きなことを仕事にできていいね!!」と言われる。

その通りなのだが厳密には、「カヌーが好きでガイドになった」わけではなく

「カヌーガイドを始めてカヌーが好きになった」という方が正しい。

パッと入った専門学校「カヌーガイドという仕事」につくための言わば養成校。

遊びではなく、仕事という側面からカヌーと関わり始めた。

そんな数少ない道を通ってきた私。


カヌーとの関わり方は人それぞれ。

それぞれが楽しいと思える形を目指せばいい。

私の好きな言葉「canoe is my life」

カヌーと共に人生を送れることが私にとっての幸せ。

4 件のコメント:

  1. こんばんは
    そうなんですよねぇ~
    帰りにS田さんのところへ寄ったら、
    「午前中は千歳川で漕いで、午後は源流部で基礎練習」とのことでした(フォー)
    それじゃあ 上手くなるよねぇ~

    ところで、「SONG OF THE PADDLE」松澤家未来予想図Ⅱだったでしょ
    でも、もう一人作らなきゃか?(笑)
    「SONG OF THE PADDLE」の日本版作ったら買いますヨ(大笑)

    パドルも直してもらったし、漕ぎたいなあぁ~
    明日も仕事・・・

    返信削除
  2. 頑固爺さん2011年9月16日 4:54

    お早うございます、私も一時期カヌーにどっぷり漬かっていた時期もありました、30年前カヌーがしたくて千歳川の近くに家建てて川からカナディアン担いで帰れる距離で一時期は日に3回位千歳川下っていました。

    私も・カヌーと共に人生送れることが私にとって幸せかな?
    でももう歳です先日しばらくぶりで漕いだら筋肉痛で体力の衰えてきたのが感じました?やっぱり歳ですね(65歳)

    返信削除
  3. hippoさんコメントありがとうございます。
    いいDVDですね~視野が広がる感じでした。
    カヌー界ではまだまだ新人。頑張らなければ!!

    返信削除
  4. 頑固爺さんコメントありがとうございます。
    「3回下ったからいい!」「1回しか下れないからダメ」という事でもないですし、「自分にあった形でカヌーと付き合えればそれで良し!」じゃないですかね!!

    返信削除