2010年2月3日水曜日

銅像

エゾシカを毎日見ることの出来る環境の支笏湖。
そんな私でも「ギョッ!!」と思ったのが今日のシカの登場の仕方。
積雪量が少ない今年の支笏ですが、道路の雪を除雪した際に出来る
小さな雪山が道路脇にはある。
私が車で走っていると、隣に乗っていた知り合いが
「ちょっと!!横見て!!」と慌てて言う。
ふと見てみると道路脇の雪山の上にまるで「銅像」のように
凛とした態度でこっちを見るオスジカが一頭!!
通り越したもののこれはかなり珍しい!!
と思いUターン。
写真をバシャバシャ!!
見てみるとオスジカが2頭。しかもかなり大きい。
大きいシカが道路沿いに2頭もいることなんて何だかおかしい。
これまでの支笏湖のシカたちを見ていると、
道路沿いに集まるのは若いメスジカで
斜面の上のほうに一番警戒して見下ろしているのが
今回のようなシカ達のはずだけど・・・
結論はわかりませんが、誰かがお菓子でもあげてしまったのかな・・・
何て事が頭をよぎりました。

2 件のコメント:

  1. 4尖の立派なオスが道路脇に2頭ですか~
    餌付けされた可能性もありますし、可猟区域内ならハンターによる影響も考えられますね。

    たまたまって事もあり得ますが(笑)

    エゾシカは今やキツネ並みに目撃頻度が高くなっていますね。

    返信削除
  2. 暇になったら遊びにおいで〜。

    返信削除