2020年1月10日金曜日

今年初の楓沢トレッキング


今期1発目の楓沢のトレッキング。

サラサラの雪の上を進む。


天気は良く、雲一つない青空の光が苔を照らす。

雪も少なく歩きやすい本日。


対岸の恵庭岳が美しい。

しぶき氷を拾って太陽にかざす。

ぴかぴかで美しい。


2020年1月3日金曜日

2020ツアー始め


あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いをいたします。

1月3日のツアー風景。

岸際にキタキツネが登場しばし観察。


地面から染み出した水はつららとなったり、



水分を含んだ土は霜柱となったり、


雪が全くない今年の支笏ですがその代わりに

みられているものはたくさんあります。


そして合わせて製作途中の氷濤まつりの会場プチ見学も

この時期は行っています。


制作班のかのあスタッフだからわかる面白さや

制作秘話をお話ししながらこの時期の支笏湖を

お楽しみいただいております。
 

一般立ち入り禁止!の危険いっぱい製作途中の会場案内は開幕までの

限定ですので是非24日の開幕前にお越しください。


2019年12月30日月曜日

2019年もあと2日。年末ツアー



氷濤会場越しのツアー。



雪も少なく派手さはないこの時期ですが

のんびりと時間が流れた30日のツアー。




小さな発見をたくさん見つけましょう。

2019年12月29日日曜日

12月29日ウィンターカヌー


暖かな日差しと穏やかな湖面。

樽前山からはモクモクと噴煙。



今年のカヌーツアーも残り数本。


支笏湖ウィンターカヌーのオプション


支笏湖ウィンターカヌーでは集合場所のかのあ事務所から歩いて

乗り場まで移動します。

その途中には制作段階の氷濤会場があるため

一般の方は入ることの出来ない氷濤会場を特別にご案内しております。

氷の世界はきれいなのとは裏腹に命に関わる危険がいっぱい。

制作に携わる私達だからご案内できるSPオプションログラムです。

制作段階の会場を見てみたい方は支笏湖ウィンターカヌーに予約いただくか

別途お問い合わせ下さい。

氷濤まつり2020制作班




かのあの冬は今年もツアー&氷濤まつり制作。

かのあが製作作業に携わって8年目。

毎年いろいろなドラマがある冬期。





今年も地域一丸となって取り組んでいます。
 


例年より寒くなるのが早く

氷もみるみる成長中。









まつり開幕は1月24日となります。

是非お越しください。

2019年11月17日日曜日

雪景色と氷景色


所々に雪景色と氷景色が広がってきています。

また暖かい日がくるのでほとんど溶けると思うのですが

凍らない湖の水が「ざばーん」と陸にかぶり

今日はしぶき氷が見られました。



白くなった恵庭岳はやっぱり美しい。



生き物いっぱいな夏とは違った小さな発見を

どれだけ探せるかがこの時期の楽しみ方のような気がします。

秋の霧多布・滝上遠征5


DAY2はマイナス7℃の中フィールドワーク。


この時期の水の上からの景色を見に行きました。

乗られた方は役場職員や教育関係、林業等様々。


地元フィールドのことはもちろん皆様のほうが知っているので

私はあくまで場作り役。



それぞれの目線でそれぞれの渚滑川を感じてもらい

なにかアクションへとつながるきっかけとなると嬉しく思います。

秋の霧多布・滝上遠征4


最終目的地滝上町

街の中を流れる渚滑川が国土交通省の水質が良好な河川に選ばれたことを期に

どういった川との関わりを今後していったらいいのだろうか

そんな観光協会主催のWSとなりました。


水質が美しいフィールドつながりでどんなことをしているかを少しだけ

お話させていただきました。







秋の霧多布・滝上遠征3


あしやんカヌー(浜中)の「あしやん」と

遊房(あそぼう)の「のりさん」

湿原センターのネイチャーガイド「ベンジャミン」

フリーランスガイド「毛利けんちゃん」

とともにフィールドワーク。







それぞれのガイドに強みがあって久しぶりに

素晴らしいガイドチームを見た気がします。